色の効果を把握しておこう【色温度が目に与える影響】

印刷時に必要なインク

インク

無くなる前に交換品を用意

仕事をする上で、書類を作ることは必須となるため、リコーのプリンターを導入した会社もあるでしょう。そのプリンターがトナーという種類のインクを利用しているのなら、使い切った後は交換しなければ、コピーや印刷ができなくなってしまいます。したがって、ビジネスを中断したくないと考えるなら、あらかじめリコーが販売するトナーを購入しておいたほうがよいでしょう。トナーの中身がなくなってくると、『残量が少なくなった』というメッセージが本体の画面に出るはずなので、そちらを目安に購入することをおすすめします。トナーはいろいろなところから販売されていますが、リコーのプリンターを使っているのならば、その機種に合ったものを用意しなければいけません。ほかのメーカーやほかの機種のトナーを購入したのでは、印刷するどころか、取り付けることさえできないので、正しく動かしたいなら注意しましょう。なお、リコーのホームページに訪れれば、会社が所有しているプリンターにピッタリとあったトナーを調べられます。プリンターに記載されている型番を調べておけば、簡単に見つけられるので試してみましょう。ちなみに、リコーは公式オンラインショップを開設していますので、そちらを利用すれば、すぐにトナーを購入することが可能です。ただし、リコーのトナーだけではなく、ほかのメーカーのトナーも販売されているため、間違わないように気をつけて正しい製品を選びましょう。