色の効果を把握しておこう【色温度が目に与える影響】

会社の必需品

複合機

買うより借りた方が良い

最近は昔に比べてネットを使ってメールでやり取りをする機会が増えたとはいえ、紙の資料もいまだに会社の企画書や書類において必需品です。実際、多くの企業ではコピー機が複数設置されています。コピー機の大きさは、コンビニに置いてあるようなサイズなので、1人で持つことはできません。買うとなると数十万円から百万円かかるので、減価償却のことを考えるとコピー機は購入するのではなくリースで借りるのが一般的です。リースの方が、会社の移転や閉鎖をするときにも手続きが楽というメリットもあります。会社でリースするコピー機は、コンビニにあるものと同じなので、印刷用紙やトナーと呼ばれるインクは必要です。それらはリース代とは別にかかる経費ですが、それほど高くありません。会社のように毎月数千枚から数万枚をコピーする場合、コンビニに行って1枚10円を払ってコピーするよりも安く上がります。印刷用紙やトナーの交換はすごく簡単なので、誰でも短時間で行うことができます。まとめてコピーしていると紙が詰まることもありますが、コピー機を開けてすぐに詰まった用紙を撤去すれば、元通りに使用できます。それ以外に、自分では解決できないトラブルがあったときは、リース元の会社に連絡をすればすぐに修理に来てくれます。コピー機の使い方はコンビニのものと同じで、用紙のサイズや濃さは何パターンかから選ぶことができます。カラーコピーができる仕様のものもあります。